未分類

相性について詳しく書いてみます

相性は、日干と他の干から出す通変星で考えます。
条件は次の通りです。

1.自分の月支蔵干にある通変星と、相手の月支蔵干にある通変星の相性が良い事。
月支蔵干にある通変星は性格の中心になります。
細かい部分はいろいろありますが、基本の考え方は次の通りです。
比肩・劫財→食神・傷官→正財・偏財→正官・偏官→印綬・偏印→比肩・劫財
隣どうしは良い関係で、一つ飛ばしは良くありません。

2.自分の命式で、月支蔵干にある通変星と日支蔵干にある通変星の相性が良い事。
日支蔵干にある通変星は配偶者・恋人の位置です。
ここの通変星は自分から見た配偶者の性格・質となります。

3.それぞれの命式で、月干–日干に剋・合(化しないもの)がない事。
あれば離婚に注意となります。
もちろん単独(どちらか一方にあるだけ)で離婚にはなりません。
喜忌(良い悪い)や流年・相手の運気も関係します。

4.それぞれの命式で、月支–日支に合去・冲去がない事。
あれば死別や離別に注意となります。
もちろんこれも単独(どちらか一方にあるだけ)で離別にはなりません。
喜忌(良い悪い)や流年・相手の運気も関係します。

条件1.は絶対です。

対人の相性として関係するものに、月干の通変星がありますが、ここは相手の印象や感じられる質です。
知り合い・友人になる段階に関わりますが、その先は月支蔵干の通変星が問題となります。

ところで、占い師ですら勘違いしている人がいるのですが、相性が良い=結婚ではありません。
つまり、悪縁もあり得るという事です。
またお付き合い・結婚・相性は別物です。
相性は「良い」といっても平均値であり、部分で見れば必ずダメな所があるものです。
もちろん相性が悪ければ、うまくいかない確率は大きくなりますから、良いに越したことはありません。
結婚は「相性」ではなく「合わせ性」です。
お互いの努力で支え合うものです。